カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ

深入り豆

深煎り豆

通常深煎り豆というと、苦そうでカフェインが強く、胃がもたれそうなイメージですが実は反対なのです。

カフェインの量は同じ体積で比べると、深煎りの方が少ないです。

カフェインというのは揮発性ですので、長く焙煎すれば少なくなっていきます。
ただし注意が必要で深入りすると水分も蒸発し、豆の重さは減りますので、重さあたりのカフェイン量は変わりません。
なので、コーヒーを淹れる際は重さで分量を決めるのではなく、計量スプーンで量ってコーヒーを淹れると良いです。

こやまこおふぃでは、深煎り豆によく合う豆をチョイスしご提供しております。
アイスでもホットでも美味しい深煎り豆ですが、特にホットで食後に飲むことをおすすめします。
深煎り豆特有の苦味が口の中をさっぱりとさせてくれますよ。

2商品