[ナチュラルブラジル]日本人が夢を追ってブラジルで育てた豆です

ナチュラルブラジルを作っている農園主の鈴木功さんは、
自分で作ったオーガニックコーヒーを、日本人に飲んでもらうという元来の夢を22年も追い求め、
有機栽培に成功したフロンティアスピリッツ溢れる方です。

イサオとマリコのオーガニックコーヒー

パライーゾ農園は鈴木功さんが妻である真理子さんと、
1987年には独立し二人で開拓した農園です。
幾多の困難を乗り越え、
2002年には無化学肥料・無農薬栽培でのコーヒー栽培に取り組み、
2005年にはブラジルで有機認証を取得。
2008年には日本の有機JAS認証を取得しました。

コーヒー豆の生産方法はユニークで、
無農薬栽培だけでなく倉庫でコーヒー豆を寝かしている40日間、
クラッシック音楽を聞かせながら熟成させます。
これは鈴木功さんの音楽が発する波動がコーヒー豆に浸透し、
より質の高いものになるようにと願い信じているからだとか。

ナチュラルブラジル

ブラジルの大自然の中作られたオーガニックコーヒーを、
丹精込めて焙煎したのがこやまのナチュラルブラジルです。
少し酸味を感じつつも、 しっかりとしたコクのある味わいが自慢です。
また冷めてからの方がより膨らみのあるコクを感じられます。
是非お試し下さい。

クレジットカードが使えるようになりました

こちらのカートからもクレジットカードが使えるようになりました。
ご都合のよいお支払い方法をお選びください

販売価格 450円(内税)
購入数

×100g


Top